カンフールでいこう

お気に入りのカンフー映画や格闘技映画、テレビなどを紹介します
カンフールでいこうトップ > ショウブラザーズ > ジェットリーが出ていない少林寺なんて・・・

ジェットリーが出ていない少林寺なんて・・・

「少林寺列伝」
少林寺列伝 [DVD]
少林寺列伝 [DVD]
posted with amazlet at 09.04.03
キングレコード (2004-07-07)
売り上げランキング: 24761

1976年ショウブラザーズ
監督:チャン・ツェ(「五毒拳」,「刺馬」
出演:ティ・ロン、アレクサンダー・フーシェン、デビッド・チャン

リーリンチェイ(ジェット・リー)主演の「少林寺」(1982年)以前に制作された少林寺物の大作です。少林寺ものならとりあえずこれを見といて損はないと思います。少林寺での様々な特訓方法は、あのリューチャーフィー主演の「少林寺三十六房」に通ずるものがあります。


<少林寺列伝のあらすじ>
清の朝廷は、民間の反乱を恐れ、武術の修行を固くを禁じていた。
唯一許されていた少林寺に全国から入門志願者が続々と集まってくる。少林寺は、これまでの禁を破り、志願者の中から骨のある者を選び、入門を許す。
各々に適した厳しい修行を与えられ、徐々に上達していく入門者たち。
しかし、少林寺に脅威を感じた朝廷は、内通者を使い、動向を探りつつ、ついに、少林寺に兵を向けた。
いち早くこの陰謀に気づいたかつての弟子が少林寺の大師にそのことを伝えにむかうが・・・

<少林寺列伝のみどころ>
ティ・ロン、デビッドチャンが脇で登場というショウ・ブラザーズの豪華スターを終結させた超大作映画。
少林寺での修行、棒術、虎鶴双形拳、三節鞭、木人との対決など、少林寺系カンフー映画の原点アイテムがこれでもかというぐらい盛りこまれており見どころ盛りだくさん。
特にラスト30分の戦闘シーンは圧巻である。(むしろお前たちいつまで闘ってるんだというぐらいに長い長い。)
登場人物が多すぎて、主人公が誰なのかよくわからない点が残念である。繰り返しみて登場人物を把握するのがポイントかも。

youtubeにトレーラーがありました


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116666468
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。