カンフールでいこう

お気に入りのカンフー映画や格闘技映画、テレビなどを紹介します
カンフールでいこうトップ > ショウブラザーズ > 北京原人の逆襲でおなかいっぱい

北京原人の逆襲でおなかいっぱい

「北京原人の逆襲」
北京原人の逆襲
北京原人の逆襲
posted with amazlet at 09.04.07
キングレコード (2004-09-01)
売り上げランキング: 32105

猩猩王 The Mighty Peking Man
1977年香港(ショウブラザーズ)
監督:ホウ・メンホア (「空とぶギロチン」「少林寺英雄伝」)
出演:ダニー・リー、イヴリン・クラフト

カンフー映画ではないのですが、ショウブラザーズつながりで書いてしまいました。
ハリウッド版キングコングのリメイクが発表されるや否や製作された香港版キングコングです。
円谷プロ出身のスタッフを日本から招聘して製作しただけに、特撮は日本の怪獣映画に匹敵するできばえで、あまりの出来のよさに、タランティーノが絶賛し、1999年に自費を投じてリバイバル公開したほどだそうです。動物パニックあり、女ターザンあり、ラブロマンスあり、怪獣ありと一本でお腹いっぱいの映画です。

<北京原人の逆襲のあらすじ>
15年前にヒマラヤで目撃された北京原人を探し出し、一儲けしようと目論むルー。
失恋で傷心の探検家チェンフォンは、ルーの誘いに乗り、北京原人の捜索に向かう。
北京原人に襲われたところを、半裸の美女アウェイに助けられる。
アウェイの協力を得て、北京原人を香港に連れ帰ることに成功するが・・・。

<北京原人の逆襲のみどころ>
ありとあらゆる映画のエッセンスをこれでもかとばかりに詰め込んだ香港怪獣映画の傑作。
「大魔神」を彷彿とさせる北京原人の登場シーン、川口浩探検隊を超えるほどの危険な探検シーン、「青い珊瑚礁」並みのラブラブシーン、女ターザンのエッチな迫力、男と女の愛憎劇、
で最後にお決まりの北京原人大暴れ、と一本で2度3度4度おいしい映画です。
ちなみに、この北京原人覗き趣味があります。
で、肝心の内容の方は、まんまキングコングなんですけど、ハリウッド版リメイクよりかなりいけてます。
特にアウェイ役のイブリン・クラフトは、セクシー度満点。豹柄好きにもほどがあります(なんと本物の豹を肩に担いでいます)。・・・最終的に北京原人が切れて暴走する原因に注目してください。

youtubeにトレーラーがあがってました


フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ [DVD]
東宝 (2007-01-26)
売り上げランキング: 31437


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。