カンフールでいこう

お気に入りのカンフー映画や格闘技映画、テレビなどを紹介します
カンフールでいこうトップ > リューチャーフィー > 続少林寺三十六房って本当に続編?

続少林寺三十六房って本当に続編?

「続・少林寺三十六房」
続・少林寺三十六房
続・少林寺三十六房
posted with amazlet at 09.04.07
キングレコード (2004-05-08)
売り上げランキング: 20674

少林搭棚大師 Return To The 36th Chamber
1980年香港(ショウブラザーズ)
監督:ラウ・カーリョン (「霊幻少林拳」,「少林寺三十六房」,「新・少林寺三十六房」
出演:リュー・チャ―フィー、ワン・ロンウェイ

『少林寺三十六房』のリュー・チャーフィーが、同作で演じた三徳(サンダ)和尚の偽者として登場。この時点でちょっと怪しいです。『少林寺三十六房』の続編とするには無理がありますが、必殺の搭棚カンフーは楽しめます。
<続・少林寺三十六房のあらすじ>
不当に賃金を下げる染物工場の悪徳経営者を懲らしめるため、チェンチェ(リュウ・チァフィ)は少林寺の三徳和尚に変装し、仲間ともに一芝居うつ。
一度は成功した芝居も、結局ばれてしまい、仲間もろともコテンパンにたたきのめされてしまう。再び虐げられる仲間を救うため、チェンチェは、カンフーを習得するため少林寺に入門することを決意する。
簡単に入門できない少林寺ではあるが、チェンチェはあの手この手で潜入し、三徳和尚に三十六房にいることを許される。ところが、喜びも束の間、修行はおろか、ひたすら竹棚の足場作りを命じられ、完成すると少林寺を追い出される。果たしてこんなことで仲間を救えるのだろうか・・・

<続・少林寺三十六房のみどころ>
原題のサブタイトルは、確かに「少林寺三十六房続集」となっているが「少林寺三十六房」の続編と思って見ると?あーらびっくり。
確かに三徳和尚も三十六房もリュウ・チァフィも出ているので一応続編としてのアイテムがそろっているにはいるのだが・・・。
おまけに三十六房での修行は、緊張感なし、激しさ少なめ、プラスとってもコミカル。さらに短い。こんなことで強くなるのかと思ってたら、あらあら不思議・・・。
見所は、ラストの搭棚カンフーと椅子カンフーの対決。(これだけでも見る価値あり)
「リュウ・チァフィ=三徳和尚」という思い入れさえなければ、かなりいけてる作品です。

トレーラーがyoutubeにあがってました

少林寺三十六房スペシャル・コレクターズ・エディション
キングレコード (2007-06-06)
売り上げランキング: 15130


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117823658
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。