カンフールでいこう

お気に入りのカンフー映画や格闘技映画、テレビなどを紹介します
カンフールでいこうトップ > プロレス > 三沢が試合中に亡くなった、信じられません

三沢が試合中に亡くなった、信じられません

プロレスリング・ノアの三沢光晴選手が、試合中に倒れ、亡くなりました。このニュースを見た今も全く信じられません。
人一倍受身がうまかったのに、試合中にバックドロップで亡くなってしまうとは・・・。
そんなはずは、ないと思いたい。まだ信じられません。


13日、広島グリーンアリーナにてメーンイベントのタッグタイトルマッチに出場した三沢光晴選手(46)が試合中にバックドロップを受けた直後に倒れ、搬送先の病院で死亡が確認された。

報道によると、三沢選手は対戦相手の齋藤彰俊選手のバックドロップを浴びた際、頭から落ちて動けなくなった。その後、リング上でAED(自動体外式除細動器)で蘇生措置を施され、広島大学病院に救急搬送されたが、同10時10分に死亡。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121443073
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。