カンフールでいこう

お気に入りのカンフー映画や格闘技映画、テレビなどを紹介します
カンフールでいこうトップ > プロレス > 身長2m46.5cm、新「世界一の長身男性」、ロンドン

身長2m46.5cm、新「世界一の長身男性」、ロンドン



今年の4月に、中国で2メートル46センチの人が入院しているというニュースがあったのですが(「ギネス記録より10センチ高い人、発見?」)、彼は測定の結果どうだったのでしょうか。
今回のギネス世界記録のスルタン・コーセン(Sultan Kosen)さん(26)は、それよりも大きい2メートル46.5センチ。本当にびっくりですね。
大きな人の話は、いつもわくわくしますねー。
思い出すのは、子供の頃テレビで見ていたプロレスの試合です。







ジャイアント馬場vsラジャ・ライオン
1987年6月9日 日本武道館/異種格闘技戦
2R 1分44秒 「裏十字固め」ジャイアント馬場の勝ち
パキスタンの謎の巨人空手家(バンドゥカラテというミャンマーの空手?)ラジャ・ライオンが、世界の巨人ジャイアント馬場に挑戦した異種格闘技戦。とても格闘家とは思えない動きで馬場の圧勝、世間の失笑を集めた。

ジャイアント馬場、アンドレ・ザ・ジャイアントvsブレイド・ブッチ・マスターズ、スカイウォーカー・ナイトロン
1990年11月25日 横浜文化体育館/世界最強タッグ決定リーグ戦
10分33秒 アンドレが体固めでマスターズをフォール。
アンドレ223cm、馬場209cm、マスターズ213cm、ナイトロン213cmという馬場が4人の中で一番小さいという信じられない試合。4人の大巨人対決ということで期待したが、マスターズ、ナイトロンのザ・ランドオブ・ジャイアンツは全くの期待はずれ、あっけなくアンドレにやられてしまった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128315701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。