カンフールでいこう

お気に入りのカンフー映画や格闘技映画、テレビなどを紹介します
カンフールでいこうトップ > ショウブラザーズ

衛星劇場にて「五毒拳」放映!!

衛星劇場にて、11月30日にショウ・ブラザーズの傑作、「五毒拳」を放映。

五毒拳
放映:11月30日25:00〜(11/31 AM1:00〜)

製作:1978年 香港
監督:チャン・チェ
出演:フィリップ・コク、チャン・シェン、ルー・フェン

かつて悪事を重ねてきたため、武術界では敵対しされている五毒門。
世間では五毒門と口にしただけでも命が危なくなるほどである。
余命わずかとなった五毒門の師匠は、五毒門の看板に終止符をうつため最後の弟子であるヤン・ドーに後始末を命じる。
その始末とは、むかで、蛇、サソリ、ヤモリ、ガマの5拳法を各々極めた5人の兄弟子のうち正しい一人と組んで他の四人を倒し、師匠の元同門である男から五毒門の財宝を取り戻すことである。
ただし、兄弟子たちは自分たちが五毒門とばれないよう名も素性もかえているのであった。
ヤン・ドーは、兄弟子たちを倒し、見事財宝を手に入れることができるのであろうか・・・

五毒拳すごいよ〜!


片腕必殺剣シリーズをシネフィルイマジカにて一挙放映!

2009年7月2日23:00〜シネフィルイマジカにて、あのジミー・ウォングの「片腕必殺剣シリーズ」を一挙放映。
片腕のヒーローはJ・ウォングの当たり役となり、後の「片腕ドラゴンシリーズ」へと引継がれる。

ラインナップは、以下の通り。
片腕必殺剣 [DVD]続・片腕必殺剣 [DVD]新・片腕必殺剣 [DVD]

片腕必殺剣(放映:7/2、3、10、14、27)
ショウ・ブラザースが誇る香港アクション映画の傑作にして、香港武侠映画の金字塔。
ジミー・ウォングを一躍スターダムに押し上げた名匠チャン・チェ監督作。

続・片腕必殺剣(放映:7/2、10、17、21)
香港映画界に全く新しいアクション世界を築いた「片腕必殺剣」のスタッフ&キャストが再結集した続編。斬新なデザインの刀剣や武器を使う敵役キャラクターが続々と現れ、多彩な武術が登場する今回は、シリアスな前作より娯楽性の高いアクション映画に仕上がっている。
主演は、ジミー・ウォング。

新・片腕必殺剣(放映:7/2、17、24、28)
片腕のヒーローの活躍を描き、大ブームを巻き起こした人気シリーズ第3作。ショウ・ブラザースを去ったジミー・ウォングに代わり、チャン・チェ監督作のメインスターとなったデビッド・チャンが主演したシリーズ第3弾。クライマックスの橋の上での100人斬りシーンが圧巻で、スタントマン出身のキャリアを生かしたアクロバティックな剣戟アクションを披露!


片腕必殺剣@映画生活


北京原人の逆襲でおなかいっぱい

「北京原人の逆襲」
北京原人の逆襲
北京原人の逆襲
posted with amazlet at 09.04.07
キングレコード (2004-09-01)
売り上げランキング: 32105

猩猩王 The Mighty Peking Man
1977年香港(ショウブラザーズ)
監督:ホウ・メンホア (「空とぶギロチン」「少林寺英雄伝」)
出演:ダニー・リー、イヴリン・クラフト

カンフー映画ではないのですが、ショウブラザーズつながりで書いてしまいました。
ハリウッド版キングコングのリメイクが発表されるや否や製作された香港版キングコングです。
円谷プロ出身のスタッフを日本から招聘して製作しただけに、特撮は日本の怪獣映画に匹敵するできばえで、あまりの出来のよさに、タランティーノが絶賛し、1999年に自費を投じてリバイバル公開したほどだそうです。動物パニックあり、女ターザンあり、ラブロマンスあり、怪獣ありと一本でお腹いっぱいの映画です。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。